ウェディングドレスの選び方

ウェディングドレスは、女性の憧れのドレスです。
いままでドレスを着慣れている人も、ウェディングドレスだけは、特別な思いで着ることでしょう。
これから新しく人生を共にする人のために、真っ白なドレスで身を包むのです。
そして来賓の女性は、花嫁を際立たせるために、白いドレスは禁止なのです。
それほど、ウェディングドレスは女性にとって大切なものなのです。
さて、一口に結婚式 ドレスといっても、色々な種類があります。
定番の清楚なAラインのウェディングドレス、腰からしたをドラマティックに彩るフンワリとしたプリンセスライン、女性の身体のラインを美しくみせる細身のカッティングドレス、最近ではミニのウェディングドレスも流行っており、芸能人が着たことで話題をよんでいます。
この、様々なドレスのラインによって、女性はイメージを変化させることができます。
さて、その選び方ですが、まずは式場のイメージに合わせるのが鉄則でしょう。
自分たちでどのような式にしたいのかを、イメージすることです。
荘厳な式にしたいならばゴージャスなものを、かわいく見せたいのならば、ふわふわのものや短いものを選ぶと良いでしょう。
また、2wayタイプのものもでてきています。
初めはロングで登場し途中でミニに変えたり、ボリュームを変化させたやできるのです。
お色直しの前にウェディングドレスで招待客をあっと言わせるのもおもしろいかもしれません。
次の選び方として、女性にとっては最も重要な、体型カバーできるかどうか、もしくは自分のチャームポイントをいかに魅せるか、という観点から選ぶと良いでしょう。
おそらく結婚式の日は、人生で1番綺麗な日であり、人生で1番写真に撮られる一日になるでしょう。
背中の綺麗な人は背中のパックリあいたウェディングドレスを、鎖骨の綺麗な人は胸元が綺麗なウェディングドレスを選ぶと良いでしょう。
他には、白いうなじや、キュッとしまったウェストなどが自慢の人は堂々とアピールしましょう。
その逆もまた然りです。
足が太いのを気にしている人はミニはやめてふんわりラインがいいでしょう、全体のくびれのなさを気にしている人は、シンプルなラインは避けたほうが良いかもしれません。
二の腕が気になる人は、長袖のものを選ぶかレースのアームカバーをつけるとカバーできます。
そういう意味でも、ウェディングドレスを選びに行く時は必ず誰かしらと一緒に行くのが良いでしょう。
気に入ったウェディングドレスが似合うかどうか、客観的に判断してもらえるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*