開店祝いの花って難しいのです。

開店祝いの花って難しいのです。花言葉とかがあって意味を考えたりすると、なかなか大変なのです。例えばあまり縁起の悪い意味があるような言葉が入っていたりするとそれは、もうアウトですし、そういうことに気を配って選ぶ必要があるのです。しかし、それって考えてみたら簡単に判断できることなんです。まずは、下調べだけ、しっかりとやっておけばいいということなのです。それを怠ってやってしまうとかえって失礼になったりしてしまうのです。そこが難しいところなのです。しかし、ある程度、決まりきった部分も多いので、慣れてしまったら以外に簡単なのです。しっかりと最初に考えておくことです。それさえしっかりとやれば、あとは自然とすすんでいくものです。花は送る人の気持があらわれるので、しっかりと自分自身で選んでいくことが大事なのです。

開店祝いには花は必須

町を歩いていて、開店したお店かどうか認識するのはどこからでしょうか。絶対に必須条件なのは、開店しましたという張り紙と開店祝いのお花だとおもいます。祝い花があるないのでは、全然違います。華やかさも違いま。逆においていないお店だと、開店したばかりなのに周りに認められていないのだろうか、なにか訳ありのお店なのではないだろうかと逆に心配になります。開店祝いには、胡蝶蘭が主流ですが、華やかなアレンジメントや、2段になったスタンドも目を引きます。胡蝶蘭は鉢物で、蝶が飛んでいるような姿と「幸せが飛んでくる」とい言う花言葉もあり、フラワーギフトとして広く用いられています。アレンジメントでも、いろんなシーンに合わせて変えられるので、開店する店の様子に合わせて、モード感のある物から、豪華なスタンドの物、かわいらしい明るく華やかな物と選べるのも魅力的です。

開店祝いの花について

現在勤めている会社は、オフィス家具を販売する会社です。そのため、新店舗のお祝いやリフォームのお祝いとして開店祝いの花を各営業からお客様に贈ることが多々あります。いつも利用しているお店は決まっていて、その規模によって大きさや内容を変えています。もちろん、お客様によっては花はいらないという所や胡蝶蘭などの小さめのものがいいといった希望をそれぞれです。大体は、大きくて外に飾るような物を贈るようにしています。発注の際も、お客様の名前の印字ミスやこちらの名前の表記ミスなどがないように何度も確認をとり、開店日がいつなのか何時頃お持ちしていいのかの確認などミスのないように気をつけています。なるべく、お花を持っていく時間に営業が直接訪ねることができる時間帯でお持ちできるようにしています。伺えない場合は先方に電話を入れることも忘れてはいけません。

開店・開業の祝い花を中心に産地直送の新鮮な花を取り扱い、お客様に対しての品質保証とアフターフォローの充実を用い確固たる実績がございます。 贈り主様のお心のこもったお花を、お届け先様に長く楽しんで頂きたい。 「Plejour」とは、英語の「Pleasure(楽しむ)」と仏語「jour(1日)」から生まれた造語。 リンクフローリストで開店祝いのお花